傷やヘコミは車査定前に直してはいけない理由!

インターネットで車の査定をしようと業者のサイトなどを見てみると、

必要な入力項目に電話番号などの個人情報が含まれるケースが大部分なのがわかります。

査定を受けたいのはやまやまだけれど、

入力した個人情報から電話がかかってくるのは避けたいということで、

インターネットでの査定に気乗りしない人がいてもおかしくありません。

 

ただ、ここのところ、個人情報不要で車種や年式などの記入だけで使え、

車がどれくらいで売れるかざっくりとわかるようになっているサイトもありますので、一度使ってみて自分の車がどれくらいで売れるのか知っておくのもいいかもしれません。

 

車を買い取ってもらう際の大体の流れは、まず初めにインターネット等で一括査定を頼みます。

中古車の買取業者からこちらの情報を基にした査定額が表れますので、

査定額が高かったり、信頼できそうだったりする業者に車を実際に査定してもらいます。

査定の結果に満足ができたら、契約をして車を買い取ってもらいます。

代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が多いでしょう。

 

査定を受けることが決まった車について、傷やへこみをどうしようか迷う人も多いようです。

わずかな傷で自分で直せるようなものは、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、

別に修理に出さなくても問題ないです。

どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても100%ほぼ間違いなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、

自分ではどうにもできないような傷なら修理は考えずにそのままでプロの査定を受けてしまうのが良いです。