車査定前にバッテリー交換は不要!タイヤ交換もやる意味なし!

皆さんが車を高く売ろうと思った時にやってしまいがちは間違いがあります。今回のやってしまいがちな間違いについて紹介しておきたいと思います。

これをやってしまうと気づかぬうちに無駄な出費をしてしまうことになりますので、皆さんはそうならないように是非一度お読み頂き覚えておいてもらえたらと思います。

 

で、そのやってしまいがちな間違いというのが、消耗関係の部品やパーツ交換です。足回り(タイヤ)の交換だったり、バッテリーを交換したりとか皆さんも経験があるかと思います。当たり前ですが、タイヤもバッテリーも古くないほうが良いというのはあなたの想像通りです。

しかしながら、これから車を売却するぞという場合に、車の消耗部品を新品に交換してから売却したほうがいいのか?というと実はそれは間違いなのです!

どうしてかと言うと、消耗関係の部品交換は買取金額にはあまり影響を及ぼすものではなく、査定担当者はむしろそれが標準だよね!くらいの印象を受けるからです。

もし査定額に影響してくるとすれば、タイヤで言えばワイヤーが見えるくらいすり減っているとか、エンジンが始動できないほどバッテリーが弱ってたりすると価格の減マイナスにつながるんですが、例えばタイヤのニューモデルが売り出されたからといって、そのニューモデルに交換しても結果としてプラス査定につながるということはないんです。

この話は僕自身の経験談ではあるんですが、買取業者の査定士には「大して買取価格は高くならないんで、次は交換とかしなくていいですよ。」と言われたことがあるのです。

そうなんです、タイヤについてもバッテリーについても車の消耗品関係については、車を売ると決めた以上はやる意味など全くないのです!

古いタイヤやバッテリーよりも交換された新品のタイヤやバッテリーの車のほうが多少なりとも査定額は高くはなりますが、その交換に関して皆さんが支払う費用ほど買取金額が高くなることは残念ながらなく、やった分だけ損して勿体ないということなんです。

ここでは車の消耗部品について書きましたけれども、そろそろ車を買い換えようかななんて検討中の方は、くれぐれも無駄な出費となってしまわないよう、是非消耗品関係は交換なんかせずにそのままで買取してもらうようにしましょうね!